O U R

S T R E N G T H S

紀の国住宅の強み

目には見えにくい柱や基礎に妥協なくこだわる「つよさ」と、人のつながりやあたたかさ、
暮らす人の快適さにこだわる「やさしさ」。
その両方を兼ね備えた住宅が、私たち紀の国住宅がめざす住まいづくりです。
地域密着型の「街づくり・家づくり・人づくり」を通じて、お客さまの満足を何よりも大切にし、
皆さまと共に成長してきた実績が、私たちの誇りであり、大きな強みでもあります。

STRONG HOUSE

紀の国住宅のつよい家

01

STRONG
HOUSE

頑丈柱組工法

耐震等級3、耐風等級2相当の仕様

頑丈柱組工法

柱の数が建築基準法の1.5倍

紀の国住宅がもっとも妥協なくこだわるのは、「構造と基礎」。構造躯体は、いずれも住まう方の安全性に配慮し、柱の数を、通常の約1.5倍に増量。耐震・耐久性を大幅に向上させているのが特長のひとつです。

筋交いの量が建築基準法の2倍

筋交いの量が建築基準法の2倍

面材工法と違い、紀の国住宅では昔ながらの筋交いを採用しています。一般的な本数の2倍の筋交いを利用し、耐震等級3・耐風等級2相当の仕様で、さらに「つよい家」へ。安全を第一に考え、大規模地震や、台風など自然災害に備えた構造で、住まう方が安心して暮らしていただける家をつくります。

02

STRONG
HOUSE

頑丈かつひと手間加えた基礎

頑丈かつひと手間加えた基礎

全周基礎パッキンで
土台の乾燥状態を維持

土台と基礎の間に基礎パッキンを入れ、空気の流れをつくることで、床下に湿気がたまるのを防ぐ「全周基礎パッキン工法」。腐朽やシロアリに強く、家が長持ちするのが特長です。また、換気口部分の断面欠損がないので、頑丈な基礎を築くことができます。

03

STRONG
HOUSE

頑丈剛床仕様

頑丈剛床仕様

2階の床の厚さが従来の2倍で
遮音性・水平剛性を実現

28mm厚の構造用合板、グラスウール(ガラス繊維でできた綿状の素材)を間に入れることにより遮音性も向上し、2階の物音が1階に伝わることを防ぎます。
また、小屋組み(屋根の骨組み)に12mm構造用合板を構造材に直接打ち付けることによって、桁と梁を一体化。より安定した水平剛性を実現させました。

04

STRONG
HOUSE

一流の職人

一流の職人

業者会を立ち上げ、
技術や知識の向上を図る。

大部分の人にとって住宅は、一生に一度の買いもの。「お客さまに満足いただける高品質な住宅を、適正な価格で」をモットーに、一流の職人だけを集めた業者会のメンバーで家づくりを行います。木造住宅は、職人の技量が大きく左右します。そのため定期的な勉強会を開催し、技術のさらなる向上をめざしています。

COMFORTABLE HOUSE

紀の国住宅のやさしい家

01

FRIENDLY
HOUSE

高断熱仕様

家全体を遮熱材で包む、高断熱仕様

家全体を遮熱材で包む、
高断熱仕様

水の力で発泡する硬質ウレタンフォーム(吹付断熱材)で住宅の躯体に原液を吹き付けて発泡させることで壁面に隙間のない高気密・高断熱な住宅づくりを行っています。床や屋根にも適した断熱材を使用して、家全体を包み込みます。季節に合わせて快適な室内温度を保ち、お財布にもやさしい、高断熱住宅です。

02

FRIENDLY
HOUSE

安心のアフターサポート

高断熱仕様

定期的な訪問で、お客さまとの
ご縁を大切に育みます。

お客さまの暮らしは、家が建ってからがスタートです。不安やお困りごとが、住み始めて気付くことも少なくありません。紀の国住宅では1年目立会検査や、年末とお盆に、お客さまのところへお伺いし、お客さまへの安心がずっと続くようさまざまなアフターサービスを実施しております。

安心と安全、快適を兼ね備えた、確かな技術

紀の国住宅が大切にしている「基礎づくり」。
家を支える土台になる部分をつくり込み、
これからお客さまが長く安心して住める家をつくっています。

紀の国住宅の技術について

CUSTOM
HOUSE

注文住宅

注文住宅をご検討の方は
こちらをチェック!

住宅
展示場

行こう。 LET’S GO TO
SHOWROOM

お客さまの夢をカタチにするためのすべてが詰まったショールーム、モデルハウスへお越しください。

じっくり見比べたい!検討したい方必見!

実例集・プラン集・
住宅カタログ・会社案内など

資料をご希望の方はこちら